チャリティ/募金

Mother's Free Spirit に、できること。

店主MamaKumi がショップを通してできる募金活動を考えました。

小さなことしかできませんが、小さな積み重ねこそ大事だと信じて、続けていこうと思っています。

このコーナーで販売する商品はすべてチャリティ対象です。ここに至った経緯などは、ブログに書きましたので、お読みいただけるとうれしく思いますが、商品に関する一部をこちらに抜粋いたします。

私はこのアクリルタワシを、1時間600円の、日本の最低賃金より更に低い賃金で請け負うことに決めました。雇い主は私、そして、労働者も私です。諸経費として1つにつき100円を載せ、雇い主は収益を得ない。労働者の私はその賃金を、自分よりも困難な状況に暮らすことを強いられている人たちに寄付をする、と、決めました。

チャリティ先は、「学校をつくる会」で、当店ではその中の「幸せの子どもの家」という活動に寄付させていただくことに決めました。アメリカでこの活動をしている団体に、夫スティーブは、時には自身が働く学校のクラスも巻き込みながら、募金活動をしています。私自身、この「幸せの子どもの家」の活動に係われたらと強く思い、日本でその活動を支える母体である「学校をつくる会」の東京の事務局長の中込さんとメールのやりとりをさせていただき、CCHのサポーターとして、微々たるご協力をさせていただいています。

2011年3月11日に起きた、東日本大震災。この震災で被害を受けた方々の生活/自立支援のお役に立てたらと、震災直後から2012年10月まで、その時々に必要と感じた場所に送金をさせていただきました。現在は、細く長く継続していくために、元のCCH一本に絞って募金を続けさせていただいております。

ぜひ、チャリティの内容をご確認いただき、こちらの商品を通して募金をしたいと思われましたら、どうぞ、よろしくお願いいたします。

ひとりでも多くの力、ひとつでも多くの愛の波動の篭った資金を、未来ある私たち地球人の幸せのために届けていけたら幸いです。

尚、このページに、毎月の募金状況を掲載させていただきます。これは、当店が確かに募金活動をしていることを証明するためにさせていただくことです。チャリティ商品のご購入があってもなくても、年間ひと口3万円というサポーター規定に準拠し、最低3000円の寄付は毎月していきます。チャリティ商品が売れれば寄付は増えますし、売れなければ、3000円だけです。長続きしなければ意味がありませんし、これが私MamaKumiに無理なくできる範囲なので、これで続けていきたいと思っています。「学校をつくる会」への送金は、毎月中旬に行います。

【募金報告】2010年10月募金開始
2010年分 「幸せの子どもの家」10,700円
2011年分 「幸せの子どもの家」57,400円、東関東大地震関連義援金/復興資金として各方面へ45,100円
2012年分 「幸せの子どもの家」49,000円、東関東大地震関連義援金/復興資金として各方面へ41,500円
2013年分 「幸せの子どもの家」41,400円
2014年分 「幸せの子どもの家」40.800円
2015年分 「幸せの子どもの家」40.500円
2016年分 「幸せの子どもの家」38,400円

今年も引き続き、細々ではありますが、ショップとしてできる範囲で支援を継続していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2017.1.20*3,300円(内、お客様より、チャリティ商品を通して300円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.2.17*3,300円(内、お客様より、チャリティ商品を通して300円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.3.13*3,600円(内、お客様より、チャリティ商品を通して600円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.4.18*3,000円(内、お客様より、チャリティ商品を通して0円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.5.15*3,000円(内、お客様より、チャリティ商品を通して0円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.6.15*3,000円(内、お客様より、チャリティ商品を通して0円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

2017.8.16*7,500円(内、お客様より、チャリティ商品を通して15,000円お預かり)を「幸せの子どもの家」に寄付させていただきました。協力どうもありがとうございました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

17